• 1
  • 2
  • 3

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by LDP2 on --.--

Prato in Italy has been under siege by Chinese

Category : News&Ref
またまた非常に興味深い記事が......



中国人に占拠されかけているイタリアの街Pratoのお話。
もちろんファッションからの考察です。

italy.jpg

china.jpg


All but a few are from around of Wenzhou, a port in south-east China, and are drawn to Italy by an industry created from scratch in less than 20 years. Pronto moda involves importing cheap fabric, usually from China, and getting it made up to order at breakneck speeds into high-fashion garments that are then sold with "made in Italy" labels.

Those rock-bottom prices are a function of rock-bottom wages and materials. In workshops scattered around Prato, Chinese employees put in 15 to 16 hours a day in conditions and for wages no Italian would contemplate.


大半はWenzhou(温州)から来ている。彼らはここ20年の間にわずかの手持ちから始めた産業を元にしてイタリアに渡ってきた。Pronto moda(RTW、既製服)はもちろん輸入した安い生地も使用している。それは大抵中国からである。それらをオーダー通りのものすごい速さでハイファッションに仕立てあげ、「made in Italy」のタグを付けて売る。

この信じられないほどの安値は、信じられないほど低コストの作業賃と材料費から成っている。Prato近辺のWorkshopでは中国人の作業員が、イタリア人だったら見向きもしないような低賃金と環境の中で、15、6時間働いている。



"Most employ about 10 people who don't just work in them," he says. "They live in them – they cook, eat and sleep in them." However normal that may be in China, it is against the law in Italy.

"What we have here is an organised illegal system", says Roberto Cenni, a local businessman and the city's first rightwing mayor since the second world war. "In the year to end-May, police carried out 152 inspections on Chinese-owned premises with the result that 152 firms were put under judicial administration." Cenni's slate, endorsed by Silvio Berlusconi's Freedom People movement and allied to the xenophobic Northern League, surged to victory last year on a tide of unease about the Chinese presence. The situation remains tense.

10人規模のところでは、ほとんどが衣食住を共にしている。これは中国ではなんの問題もないことだろうが、イタリアでは非合法となる。

市長であるRoberto Cenniは言う。「ここにあるのは、非合法な組織化されたシステムだ。5月からこの年末までに
警察は中国系の152の施設の調査を行ったが、結果152すべてを司法の監督下に置くこととなった。」
中国人たちの駐留とも呼べる状況から来る不安の中で、昨年のCenniの声明は勝利に湧き上がった。
この声明は、外国人嫌いのNothern Leagueと同盟を組んだSilvio BerlusconiのFreedom Peopleにも支持された。しかし状況は未だ緊迫している。




That may be the dream but, as Chan notes, the reality is often different. At the main hospital in Prato, 32% of the children born have Chinese mothers.

これは夢であってほしいが現実である。Pratoの主要な病院において、32%の子供が中国人の母親から生まれているのである。




"The mayor has concentrated on respect for the rules. But he'd do better to open a dialogue with the Chinese and try to convince them of the need for legality," Maffei says.

"The problem is: who do I talk to in a context of systematic illegality?" says Cenni. "There are lots of people who want to be considered [representatives of the Chinese community]. But we have no guarantee these people are 'clean'."

「市長はルールを重んじてきた。しかし、中国人たちとオープンに対話をし、彼らに遵法の大切さを説得すべきだ。」
と言われて市長は、

「問題は、誰に違法性の説明を体系的に順序立てて説明をすればよいのか?ということである。中国コミュニティの代表だと認めてほしい人はたくさんいる。だが私たちはその人物たちがクリーンなのか保証がない。」
と答えた。





Ironically, what the two communities do is richly compatible. Prato's traditional industries, which are in sharp decline, are the manufacture of yarn and fabric. Pronto moda does not compete with either but could use the output of both.

皮肉なことに、2つのコミュニティの行動は完全に矛盾をしている。Pratoの伝統的産業は、急速に衰退の一途を辿ってはいるが、綿やウールなど紡ぎ糸や織物である。Pronto modaはこれらには匹敵しないが、どちらもアウトプットとして利用される。



It may not help community relations that the Italian factories are closing down largely because of competition from China, but even Cenni says: "If we could put together the garment manufacturing abilities of the Chinese with the textile production abilities of the Italians, we could create a fashion centre here."

イタリアの工場は中国との競争のおかげで大多数が閉鎖されている、ということはコミュニティの関係改善には寄与しないが、イタリアの織物生産と中国の衣類製作の能力を合体できれば、ここに新しいファッションの中心を築くことができる。とCenniは言っている。



しかし、



In October, a delegation from Wenzhou signed an agreement with the provincial authorities to encourage firms back in China to buy high-quality textiles from Prato and wine from the nearby Carmignano area. The ceremony was attended by Mayor Cenni, but he declined an invitation to put his own signature to the document.

10月に市長Cenniの呼びかけで、Wenzhouから代表が地区の権力者と供に訪れた。そこで工場を中国に戻しPratoからはハイクオリティな織物や隣のCarmignanoからはワインを輸入することに協力するという協定書に中国側はサインをしたが、結局市長はサインを断った。






「私個人は中国人とも仕事を共にしたこともありますし、特におかしなナショナリズムは持っていません。念のためここに宣言しておきます」



中国は現在、その経済規模から全世界のあらゆる産業に影響を及ぼす大きな存在になっていますが、そのやり方については各国で非難にも近い声が上がっているのも確かです。


私も何度か中国人と仕事をしていますが、正直かみ合わないこともしばしば。


私は中国にはMy own wayがあり過ぎると思います。その反対に日本人にはMy own wayどころかその前にMy beliefがないと思っています。




中国人同士のつながりは非常に濃いもので、華僑のネットワークを含め世界中ありとあらゆる国にCHINATOWNが存在しているのは、本当に驚かされることです.......






こちら全文をぜひどうぞ。


source The Gurdian



関連記事
Posted by LDP2 on 22.2010   0 comments   0 trackback


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://lifedesignpremium.blog51.fc2.com/tb.php/360-db956545
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。