• 1
  • 2
  • 3

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by LDP2 on --.--

Young Chinese mortgaging their futures for luxury brands

Category : News&Ref
ん~なかなか面白い内容なので、一部だけ抜粋。


興味のある方は是非 source Global Times via BOF

少しだけ中国という国が見えるかもしれませんよ。



中国人は昔の人ほど倹約が好きで、お金を使わない。
これじゃ内需が拡大していかないっていうんで、政府が貯金しないでお金を使え使えと言った。
そしたら今度は若い世代が、収入以上にお金を使うようになってしまった、とざっとこんな内容。




It's tough to break the spending habits of a lifetime. I have a friend who has a cushy job as an official in the boomtown of Dalian. He tried sending money back to his parents every week, wanting them to move out of their dilapidated house and live a more comfortable lifestyle.

But when he went back home, he found they were sticking the money in a saving account. His parents continued to live on two yuan ($0.30) a day, far below China's official poverty line.

It's a familiar story for many Chinese with older parents. When they come to the big city, they faint in shock upon hearing how much their children spend on Starbucks a month. If their kids take them out for dinner, the bill has to be hidden for fear of causing a heart attack.



消費習慣を変えるのはとても難しい。略 彼は両親に、老朽化した家を出て、もっといい暮らしをするようにとお金を送っている。
けれども家に帰ると、こつこつ貯金をしている両親を見つける。両親は依然として中国が公式に貧困と定義しているより随分と少ない1日2元(約24円)で暮らしているのであった。

これは多くの中国人にとってなじみのある話である。両親は都市部に来ると、その子供たちがスターバックスで月にいくら使っているかを聞いて失神しそうになるそうである。そして外食に出かけると、両親にお勘定を隠さなければならないのだそうだ、なぜなら心臓麻痺を起してしまうかもしれないからである。





そこで政府が使え使えと言いだした。


すると...........


But efforts to get Chinese to splurge may have been too successful when it comes to the younger generation. With brands like Armani and Louis Vuitton sprouting up everywhere, spending seems a right, not a luxury, to many Chinese 20-somethings. But at shopping malls across the nation, the crowds of eager shoppers are as likely to be graduates scraping a marginal living as they are members of the Chinese super-rich.


その努力は若い層に効果があり過ぎた。アルマーニやルイヴィトンなどがいたるところに展開していくと、20代の若者たちはこれは贅沢ではなく、権利だと言わんばかりにお金を使い始めた。
国中いたるところのショッピングモールでは、熱狂的な買い物客たちがもうぎりぎりの生活は終わりにして、中国のスーパーリッチの仲間入りをするんだと息巻いているかのようである。




と、なったそうです(続く)



日本でも、連日ニュースになるほど中国人のすごい買いっぷりが話題ですよね。

こんな背景もあったのか、と少しなるほどと思いますが.......



是非、全文にて。




関連記事
Posted by LDP2 on 19.2010   0 comments   0 trackback


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://lifedesignpremium.blog51.fc2.com/tb.php/355-bf8183ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。